ご質問などございましたら
ご遠慮なくお問い合わせください。

平日朝9~17時の間でお願いします。





 



ドライフラワーの作り方にはいろいろありますが、この新しい作り方の特徴は
とても簡単に、これまでにない美しさでドライフラワーを作ることができるところです。
花びらにシワやへこみができませんから、ドライフラワーアレンジメントにしても
ハーバリウムをお作りになっても、レジンに閉じ込めても、花の美しさが際立ちます!

このページでは、アメージングスタイルドライフラワーの特徴と
なぜ美しいドライフラワーを作ることができるのか、その秘密をご説明します!
(このページの花をご覧になって、生花とお思いになる方が多いですが
すべてこの新製法で作ったドライフラワーです)


ミニヒマワリのアメージングスタイルドライフラワー
ドライフラワー,ミニヒマワリ

細く繊細な花びらも縮むことなく、生花のままのフォルムでドライフラワーを作ることができます。


大輪のバラのアメージングスタイルドライフラワー

ドライフラワー,美しい

この製法で作ったドライフラワーをご覧になった方から
「さわった感触はプリザーブドフラワーのようにしっとりとしていますか?」
というご質問をいただきますが、薬剤などを吸わせたりしませんので
普通のドライフラワーと同じ質感ですが、とても美しいドライフラワーに仕上がりますから
生花のようにやわらかそうな印象を受けるでしょうね。



ガーベラのアメージングスタイルドライフラワー

ドライフラワー,ガーベラ


シリカゲルで作ったドライフラワーは、細い花びらはちぢれてしまいますが
この製法で作りますと、ガーベラの繊細な花びらも美しいドライフラワーになります。
このようにクローズアップした画像で見ても美しいのです。

ドライフラワー,ガーベラ


白い花をドライフラワーにしますと、茶色っぽく変色してしまいますが
この製法ですと美しく仕上がります。
レースのようなやわらかい質感もそのまま残ります。


八重咲きトルコキキョウのアメージングスタイルドライフラワー
ドライフラワー,トルコキキョウ



下のトルコキキョウの画像をご覧になって、どちらがドライフラワーかおわかりになりますか?

   

答えは、左が生花で、右がアメージングスタイルドライフラワーのトルコキキョウです。
実は私も元画像を保存しているフォルダで確認しないと、どっちがドライフラワーかわかりません。


ラナンキュラスの生花とアメージングスタイルドライフラワーの比較
矢印でしめしているのがドライフラワーですが、生花との区別がつきません。









フラワーベースのような筒状の容器で仕込めば
茎付き、枝付き、葉付きのままのドライフラワーを作ることができますよ。

チューリップのアメージングスタイルドライフラワー

ドライフラワー,チューリップ


アジサイのアメージングスタイルドライフラワー





これまでドライフラワーにできなかった花、きれいに仕上げることができなかった花も
とても簡単に、美しく作ることができます。


アルストロメリアのアメージングスタイルドライフラワー
ドライフラワー作り方,花



オンシジュームのアメージングスタイルドライフラワー



右の画像はハーバリウムにしたオンシジュームです。
花びらにシワがありませんから、オイルに浸けてもとてもきれいです!



《 こちらのページでこの製法で作ったドライフラワーの画像をご覧いただくことができます 》








レジン造形作家の私が、なぜドライフラワーの製法を考案したのか?
それは、
「生花の色と姿をそのままで花をエポキシレジンの中に閉じ込める
本当に美しいレジンフラワーを作りたい」
と思ったのがきっかけです。

レジン,花
エポキシレジンに封入したガーベラ


最初はシリカゲルで乾燥させたドライフラワーを
レジンに閉じ込めてみました。
しかし、シリカゲルで乾燥させますと、花びらにシワやへこみができてしまうため
レジンに入れますとその陰影が強調されてしまいますし
花びらやおしべ、めしべなどにシリカゲルがくっついて取れなくなり
レジンの中で不自然に光ってしまうため
あまり美しいレジンフラワーではありませんでした。
少なくとも私が求める美しさには程遠かったのです。


桜をレジンに封入したレジンフラワーで比較

シリカゲル製ドライフラワー
レジン,桜
アメージング スタイル ドライフラワー
レジン,桜

シリカゲルで乾燥すると、花びらにへこみやシワができ
波打つように不自然に変形するため影ができてしまいます。


それで自分で新たなドライフラワーの作り方を研究したわけです。
そして試行錯誤の末に、この製法を考案しました。
この製法の特徴は、なにより花びらにシワができにくいことです。








ドライフラワーの美しさは、細い花びらや小さい花びらではっきりと差が出ます。
シリカゲルは粒が大きいため、花びらに跡がついてデコボコになります。
また、直接花びらに接して、細胞膜を破って水分を吸収するため、花びらが傷んでしまいます。



ピンポンマム

シリカゲル製ドライフラワー
ドライフラワー,シリカゲル

ドライフラワー,シリカゲル
アメージングスタイルドライフラワー
ドライフラワー,きれい

ドライフラワー,花


クレマチス
左がシリカゲル製、右がアメージングスタイルドライフラワー
シリカゲルで乾燥させた方は、花が全体的に縮んて小さくなっています。



ドライフラワー用のシリカゲルと、アメージングスタイルドライフラワーで使用する
埋設材の上に紙を置いてこすってみました。

ドライフラワー用シリカゲル

埋設材

これを花びらと思ってご覧ください。 粒の大きさでこれだけの差が出るのです。





埋設材の粒がとても細かいので、小さな花や繊細な葉も、美しくドライフラワーに作ることができます。
小さな花をきれいにドライフラワーにできるのは、おそらくこの製法だけです。
シリカゲルでドライフラワーをお作りになったことのある方なら
その違いがおわかりになるはずです。


ドライフラワー,野の花 ドライフラワー,葉




ほとんどの花を美しくドライフラワーに作ることができます。
ドライフラワーにできない花は、「ユリ (カサブランカのようは大輪種) 」、「ユーチャリス」、「ダリアなど大輪のキク科の花」
作るのがむずかしい花は、「ラン」



ドライフラワー,カラー
カラーのアメージングスタイルドライフラワーアメージングスタイルドライフラワー
















写真と図でくわしく解説しています
・はじめに
・花えらび
・基本製法
・クリーニング
・再乾燥
・脱気・減圧製法
・半立体ドライフラワー
・乾燥剤の処置

★ここの解説がとても重要!
・美しいドライフラワーのための化・科学
  ドライフラワーが傷む原因
  アリル・イソチオシアネートによる美しい仕上がり
  アントシアニン発色法
  白い花が透ける原因
  花びらが落ちる原因
  低温でのドライフラワー制作と植物の呼吸

・レジンフラワー
  エポキシレジン成型に必要な物
  エポキシレジンの扱い方
  レジンに封入する時の注意事項
  グラスフラワーの作り方
  レジンフラワーの劣化とレジンの変質
・レジンコーティング
  作業手順
  注意事項
  レジンコーティング強度実験


ドライフラワー,作り方,テキスト


シリカゲルでのドライ製法の欠点を改善するために、まず次の3点をクリアーする必要がありました。

① シリカゲルよりも微細な素材で花をうずめる。 そのための資材を見つける。
また、その素材は水分を吸収せず、水にも溶けない物であること。

② 花に接しなくても、水分を吸着させる強力な乾燥剤を見つける。

③ より速く花の水分を放散させる方法を工夫する。


この問題点をクリアーして完成したのが、アメージングスタイルドライフラワー製法です。


まずシリカゲルと埋設材を比較してみましょう。
拡大してみますと、粒の大きさの違いがよくわかります。



粒が細かければ、加わる力が分散しますから
花びらにダメージを与えにくく、花びらや葉を均一にプレスすることで
シワなりにくく、美しいドライフラワーを作ることができるのです。

この埋設材は天然鉱石由来で安全な素材です。
また、研磨によって表面がなめらかに加工されていますから
花びらを傷つけることもありません。



次に乾燥剤についてご説明しましょう。
拡大画像。 粒は約2ミリ程度です。

ドライフラワー,乾燥剤


この乾燥剤は、シリカゲルの約3倍というとても強力な吸着力を持っていて
天然鉱石に近い、安全な素材でできています。


粒はとても硬く、くずれたり壊れたりすることはなく
オーブントースターで再乾燥させることで
何百回でも何年でも繰り返し使用することができ
しかも吸水力は変わりませんから
シリカゲルのように定期的に買い替える必要はありません。


「乾燥剤」と「埋設材」とに分けることで、美しいドライフラワーを作ることができるのです。

(この製法の核となる資材ですので、乾燥剤の名称をお教えすることはできません。)