2017年8月 9刷目増刷されました!


  

         本の中を見てみる


『アクセサリー作りのための レジンの教科書』
96ページ オールカラー
監修 熊崎堅一 (アメージング)
出版元 河出書房新社

刊行日 2013年7月24日

¥1,620−(税込)


アメージングでは購入できません。
こちらでお買い求めください。

河出書房新社ホームページ 販売ページへ

Amazon 販売ページ
楽天ブックス 販売ページ
セブンネットショッピング 販売ページ
TSUTAYAオンラインショッピング 販売ページ

※リンク先のショップでのご注文に関しましては、それぞれのショップで決済してください※





サンプル作品の掲載・・・・・P.4〜14
Lesson 1 ・・・・・P.16
  UVレジンとエポキシレジンの基本

Lesson 2 ・・・・・P.30
  着色と封入について

Lesson 3 ・・・・・P.54
  シリコン型と型取りについて (片面型、両面型の解説〉

Lesson 4 ・・・・・P.72
  レジン硬化後の仕上げと加工について
     
掲載作品の作り方は、それぞれのLessonごとに、そのテクニックを使って作られている作品のレシピを掲載しています。


本の中を見てみる




「10年後までも読み続けられる、レジンの教科書を作りたい」、そうした私と河出書房新社の担当編集者の想いがひとつになり、この本の制作に取り掛かりました。
この本でご紹介したかったことは、レジンでの創作の 「多様性」 と 「可能性」 そして 「応用範囲が広さ」 です。 元の状態が液体であるため、形、着色、他の素材の封入などが簡単にできます。 これはほかの素材にはない、レジンの大きな特色でしょう。
その 「なんでも作れてしまう」 レジンを楽しむために必要な、基礎知識や必要な道具、基本的な作業方法から、プロと同等のテクニックまでをご紹介したのがこの本です。

レジンでのアクセサリー作りには、特殊な機器や高価な道具、高い技能を必要とせず、基本的なテクニックもさほどむずかしくはありません。 お子さんでも作れる簡単な作品から、いくつかのテクニックを組み合わせた、複雑で高度な作品まで作ることができます。
本書では、その基本からご説明し、初級の創作から中級程度 (一部上級のテクニックもあります) のテクニックと、それにともなうコツを解説しています。

これからお始めになる方だけでなく、すでにレジンを楽しんでいる方にとりましても、プラスとなる手引書です。 ぜひご活用くださいね。

この本はテクニックとコツの解説が中心となっていますから、従来のテキスト本のように、「レシピを見てサンプル作品を作ってみましょう」 という内容とは少し違っています。
もちろんサンプル作品を作るためのレシピも掲載していますが、イラストや写真でくわしくご説明してはいませんから、そうした内容を期待されている方にとりましては、ちょっと的外れかもしれません。
本書はレジンの基礎から中級までのテクニックを解説する教科書ですので、その点をご理解くださいますようお願いいたします。