LINEで送る



「レジンの基本」トップページへ

「レジン に興味があるんだけれど、なにをそろえていいのか、どうやって作業をするのか、なにもわからない初心者なので・・・・」

という方は多いのでは? たしかにレジンはむずかしそうな印象をうけますよね。
レジンもシリコンも、その基本的な扱い方はとても簡単です。 まずはこのページで、レジンやシリコンがどんなものかをざっくりと学んでください。



実は樹脂もレジンも同じものです。 樹脂 (ここでは合成樹脂のこと) を英語でレジン (Resin) と言うのです。



あなたがどんな物を作りたいのかで決まります。
透明なものが作りたいなら 「エポキシレジン」 か 「UVレジン」。
透明じゃなくてもいいし、あとで色を塗りたいのなら 「ポリウレタンレジン」 おおまかに分けるとこうなります。
ポリウレタンレジンはフィギアーなどの造形に使われているレジンです。


エポキシレジンとUVレジンを比べますと、透明度はほぼ同じですが、エポキシレジンの方がきれいです。

エポキシレジンは硬化に24時間ほどかかりますが、UVレジンは5分ほどで固まります。

UVレジンは紫外線が届かないと固まらないので、薄くしか固められません。

エポキシレジンは立体的なデザインを作るのに適しています。


総合しますと、簡単にちょっとしたアクセサリーなどを透明なレジンで作りたい人はUVレジンを、立体的な造形や、きれいな色に着色したり、他の素材をいろいろと入れて固めたり、より高いレベルの作品制作や、芸術的なな創意工夫をしたい人はエポキシレジンを選ぶといいです。



エポキシレジンは2つの液体を混ぜ合わせることで固まる 「2液混合型」 で、UVレジンはUVライト(紫外線照射灯)に当てて固める 「紫外線硬化型」 のレジンです。

私の扱っていますエポキシレジンは 「主剤 2 :1 硬化剤」 の混合比で、デジタルはかりで正確に計量して、ゴムヘラでていねいに混ぜ合わせます。

UV樹脂は1液タイプなので、計量などは必要なく、チューブなどから出して、UVライトに当てるだけです。



エポキシレジンはだいたい1日〜3日程度で固まります。
2液を混ぜ合わせることで化学反応が起こり、熱反応によって硬化するので、気温(室温)が高いと速く固まり、低いと時間がかかります。

また、固める量が多いと早く固まり、少ないと硬化に時間がかかりますし、流し入れた形状が薄いものや細長いものの場合は、化学反応が進みにくいので時間がかかります。


UVレジンはだいたい5分程度。 自然の太陽光でも固まりますが、時間もかかりますし不確実です。



エポキシレジンの場合は、計量するデジタルはかり (1グラム単位で計量できるものでOK) 、混ぜ合わせるためのカップとゴムヘラ。 以上が最低限必要なものです。

UVレジンの場合は、UVライトが必要となります。


以上の特性を考慮して、作りたいデザインやアイテムによって2つのレジンを使い分けたり、部分的に活用したりするといいと思います。





簡単に言えばゴムみたいなものです。
ただし、お菓子のシリコン型や、シリコン製の製氷器に使われているシリコンと、レジンを成型するシリコンとは種類が違いますから、お菓子や製氷用のシリコン型でレジンを成型しますと、表面がくもったり、ざらざらになったり、くっついて取れなくなったりします。

レジンは、レジン成型用のシリコンで固めるのが基本です。



シリコンにも硬さなどが違う、いろいろな種類の商品が売られていますが、それほどこだわる必要はありません。
私は 「信越化学社製 シリコンKE17」 が一番扱いやすいと思っていますので、30年近くずっと使い続けています。

ただし、ブ○ーミックスや、おゆ○といった固形の型取り材ではきれいに型が取れませんので、絶対に使わない方がいいですよ。



セットになっているシリコンと硬化剤を混ぜ合わせますと、化学反応が起きて固まります。

シリコンと硬化剤の混合比は、上記KE17の場合、「シリコン 100 :1 硬化剤」 です。
ですから100グラムのシリコンに対して、1グラムの硬化剤で固まります。

シリコンと硬化剤の混合比は多少誤差があっても固まりますから、あまり正確に計量する必要はありません。



4時間〜8時間程度で固まります。
気温が高いと速く固まり、低いと時間がかかります。



計量するデジタルはかり (1グラム単位で計量できるものでOK) 、混ぜ合わせるためのカップとゴムヘラ。 以上が最低限必要なものです。